激変する世界に向けて1200年生き延びてきたKYOTOから生き延びる智慧とヒントを発信

京都が危ない006: 大火

京都が危ない
006: 大火

人の營み、皆(みな)愚かなるなかに、さしも危き原発をつくるとて、寶(たから)を費し、心を悩ますことは、勝れてあぢきなくぞ侍(はべ)る

京都が危ない005: 京都がほんまに危ない

京都が危ない
005: 京都がほんまに危ない

『京都が危ない』は、2011年新年からやり始めたいと準備しつつ、アップできずにいて、あの3月11日の東日本大震災が起こってしまって、慌ててアップしたが、今回で5回目。

 京都と京都周辺の大地震はいつ起こってもおかしくないと言われていて、その大地震による火災が心配で、今回は火災について警告を、と思っていたが、事情が変わった。大地震と大津波だけでも未曽有のとんでもない大災害だったのに、原子力発電所の爆発事故などと言うさらにとんでもないことが起こり、地震と津波の被災地や被災者の復旧に重い重い足枷(あしかせ)をつけているようなことになってしまっている。

004:京都・災害の歴史

004:京都・災害の歴史

 「この世のものとは思えないような風景だった。山は崩れ、川は埋もれ、海が傾いて、陸地が水浸した。大地が裂けて、水が湧きでて、岩が割れて谷に転がっていく。渚を漕いでいた船は波に翻弄されて、道行く車はひっくり返った」と言う。

 これは、2011年3月11日の東日本大震災のリポートではない。

京ネタ川柳10回記念「春特集」

京ネタ川柳10回記念「春特集」

 大変に困難な時代とは言え、厳しい冬も過ぎて、春がやってきたように、一日も早い春の訪れを祈ります。そんな祈りを込めて、京ネタ川柳10回記念「春特集」。笑いで少しでも気分を和らげていただけるなら幸いです。

比喩が比喩で無くなってしもた

比喩が比喩で無くなってしもた

 情報鎖国と言ってきましたが、今回の原発事故の報道で、その情報取り締まり?の厳しさ、情報の出し入れをする出島を管理する人間のおとぼけぶりが良く見えました。海外のマスコミの論調が、原発に関して日本政府は情報を全て開示していないという不信感を抱いていると言います。確かにそうかもしれませんが、今回に限り、実は何も分かっていなかったのではないか、とも思います。しかし、今までの日本政府の情報隠匿の習慣を知っていますから、分からないから出せなかった情報でも隠匿していると思われたのです。情報の鎖国であり、自由に情報が出入りしない国であることを一番知らないのが日本人なんて、悲し過ぎます。

『相互扶助が生き物の本質』

『相互扶助が生き物の本質』

 写真のお話は、ちょっと待ってください。

 主人がずっと唸っているからです。次に涙しています。それは「東北関東大震災 被災地に取り残された犬」で、検索してください。そのニュースを見ていたのです。今はYouTubeで動画を見られます。見ていただくと分かります。

003:京都が危なかったが・・・

003:京都が危なかったが・・・

 原発を推進するために、テレビCMをはじめ、ありとあらゆる手段を使ってきた。そして、反対派共産党、賛成派自民党と言う二分法で、原発の真の恐怖を、政治的な立場で隠蔽することにも躍起だった。さらに悲しいことには、反対派を圧殺するために、人間とは思えないような仕打ちをしてきた。その現場を京都府丹後半島で見てきた。にもかかわらず、人間の叡智が丹後半島に原発を作ることを止めた。

 原発問題は、政治的な立場ではない。地球と言う、あるいは日本列島と言う私たちが生きさせていただいている場を、生きている一生から言えば、ほぼ永遠と言う時間スケールで汚染してしまっていいのか、という問題である。