激変する世界に向けて1200年生き延びてきたKYOTOから生き延びる智慧とヒントを発信

京をネタに笑う『京ネタ川柳』その3

京をネタに笑う『京ネタ川柳』その3

以下、京都についての川柳もどきものを幾つか。
笑えれば相当に京都通。蛇足ながら何故おかしいか解説をします。京都特有のことを取り上げることが多いからです。
では、笑って笑って。

京をネタに笑う『京ネタ川柳』その2

「笑い」は免疫力をアップさせます。それは前回のノーマン・カズンズや日本の先駆者が、実際におなかの底から大笑いをした後には、ウイルスやがんをやっつけるナチュラルキラー(NK)細胞という免疫細胞の働きが大幅に活性化したと報告しています。
以下、京都についての川柳もどきものを幾つか。笑えれば相当に京都通。蛇足ながら何故おかしいか解説をします。京都特有のことを取り上げることが多いからです。

京をネタに笑う『京ネタ川柳』

ノーマン・カズンズの『笑いと治癒力』、日本では伊丹仁朗医師などが先駆者で、筑波大学名誉教授村上和雄先生も注目されているように、笑いは医学的に優れた治癒効果を持っていることは知られています。ならば、京都を訪れる京都症候群の人々も、それを受ける経済的に重症の京都も笑って治癒できるものなら、笑い飛ばしてはいかがでしょうか?

以下、京都についての川柳もどきものを幾つか。笑えれば相当に京都通。蛇足ながら何故おかしいか解説をします。京都特有のことを取り上げることが多いからです。