激変する世界に向けて1200年生き延びてきたKYOTOから生き延びる智慧とヒントを発信

imgp0096

お待たせしました!東山編第2回目です。

imgp0087imgp0090imgp0092

阿弥陀が峰を抜けて、国道1号線を細い地下道を通って北へ渡りいよいよ清水山へ。その入り口に、六条天皇と高倉天皇の墓陵を示す道標があります。

imgp0093imgp0095

その途中、歌の中山で知られる清閑寺があります。細い参道の落ち葉を踏みながら進むと、高台にひっそりとその寺はあります。

延暦21年創建。平安中期の一条天皇の頃、勅願寺となる。平家物語で知られる小督の局(こごうのつぼね)、高倉天皇の妾だったが、ここで出家した。琴の名手として知られ、・・・この続きは嵐山が舞台なのでまた今度。

清閑寺から西へ道を戻り、いよいよ清水山へ入ります。
imgp0096imgp0097imgp0100imgp0102

最初、急勾配の山道を右へ左へ登ります。高木が生い茂る道は、幅が広いです。

三角点は、コースから数十メートル外れたところにあります。242メートル、丘のような山頂です。

幅の広い上り坂をどんどん登って行きます。

山道が途切れると、視界が開けます。公園?北には遠く比叡山が臨めます。

imgp0104

ここは東山山頂公園。展望台があり、京都のまちが一望できます。

imgp0106imgp0107imgp0109

桓武天皇は、長岡京から遷都する場所を探していました。和気清麻呂に案内されて、この場所に平安京を築くことを決めたといわれています。

将軍塚は、土で作られた将軍像に坂上田村麻呂の甲冑を着せ、武装させて埋められたそうです。京都を守護して欲しい願いが込められています。

第2回はここまで。

国道1号線地下道から将軍塚までおよそ2,3キロ。

[文・写真:kubo]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>